飲酒や喫煙も子供ができない原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)になり得ます。 そのために、お酒が好きな方やタバコ(南アメリカ大陸が原産地のナス科の多年草で、それを乾燥・発酵させて紙巻タバコなどの嗜好品にします)が好きな方は、これを機に禁酒・禁煙をされてみて下さいね? お酒は適量であれば問題はないでしょうが、過度な飲酒は禁物です。 男性だと勃起しづらくなったり、精子の質が悪くなることがあります。 女性だと排卵障害、生理不順といった症状を引き起こして、子供ができにくい体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)になってしまうでしょう。 また、お酒を毎日飲む女性の場合だと流産の可能性が高まります。 そして、喫煙(中毒性、依存性が高いので、止めるのがとても難しいと考えられています)が男性に与える影響は、精子の減少、精子の質の低下、精子の奇形といったのだとか。 女性の場合、子宮着床障害や卵管障害を起こす可能性が高まり、子供ができづらくなります。 このように、飲酒と喫煙は不妊の大きな原因になるため、子供がほしいという方は気をつけないといけないでしょう。 特に喫煙は、不妊になりやすいだけでなく、本人の健康も害してしまうので、なるべく禁煙するようにしてください。 最近では、病院で禁煙可能なんですから、以前よりも止めやすくなっていますー